沿革概要
 昭和23年 1月  小林町国民健康保険組合 直営診療施設 小林病院 開設
 昭和23年 11月  町立小林病院開設(小林町へ移管)
 昭和28年 4月  市立小林病院新築開設(救急告示病院) 小林市大字細野38番地1
 昭和47年 5月  小林市立市民病院開設 病床数124床(一般84床・結核40床)
 昭和50年 11月  一般134床 結核21床へ変更
 昭和63年 4月  西諸医療圏における、第二次救急医療施設として体制整備
 平成7年  3月  結核病棟 廃止
 平成9年  3月  災害拠点指定病院
 平成11年 4月  感染症指定病院(4床) 西諸広域伝染病センター廃止
 平成18年 4月  院外処方導入(全科一斉)
 平成19年 1月  小林市立市民病院の理念、基本方針、患者様の権利を制定
 平成19年 4月  一般病床9床増床 147床(一般病床、143床 ・ 感染症病床 4床)
 平成19年 10月  小林市立市民病院 シンボルマーク決定
 平成19年 12月  電子カルテシステム稼動
 平成20年 8月  退院サマリーシステム、電子画像システム導入
 平成20年 10月  地域医療連携室設置
 平成21年 3月  小林市立市民病院改革プラン策定
 平成21年 4月  病院名称 「小林市立病院」 に変更
 平成21年 4月  地方公営企業法の全部適用へ移行
 平成21年 7月  新小林市立病院 完成
 平成21年 9月  新病院運営開始
 平成22年 4月  新病院グランドオープン
 平成23年 6月  地域支援病院承認
 平成23年 7月  総合診療科・救急科 新設 
 平成23年 9月  肝疾患診療専門医療機関 指定
 平成25年 3月  ヘリポート完成 ドクターヘリ運行開始
 平成25年 4月  3病棟運用開始
 平成25年 6月  回復期リハビリ病棟開設(4階病棟)15床 ・ 一般病棟 90床へ減床
 平成25年 8月  回復期リハビリ病棟10床増床 25床
 平成25年 10月  一般病棟5床増床 95床 ・ 回復期リハビリ病棟5床増床 30床
 平成25年10月  電子カルテオーダーリングシステム更新
 平成25年11月  DMAT研修派遣
 平成26年 1月  日本救急医学会専門医指定施設に認定(平成26年1月1日から2年間)
 平成26年 7月  管理栄養士を各病棟に配置
 平成26年 9月  患者サロン開設(おじゃったもんせカフェ)毎月第2木曜日
 平成26年11月  生理検査システム・検査システム・画像管理システム等更新
 平成27年 3月  薬剤師奨学金貸与条例制定
 平成27年 4月  院内保育所「もみのき保育園」リハビリ施設1階増築運用開始
 平成27年 9月  看護師・助産師・保健師奨学金制度条例制定
 平成27年10月  4階回復期リハ病棟9床増床し39床、一般病棟95床、合計134床の運用
 平成27年 5月  3D内視鏡システム導入
 平成27年11月  特別食対応厨房設備増設